専業主婦でも利用可能な消費者金融のキャッシングはあるの?

専業主婦でも利用可能な消費者金融のキャッシングはあるの?

キャッシングにまつわる法律改正

貸金業法は2006年に成立しましたが、法律の抜け道を利用したグレーゾーンによる高金利での貸付けにより、返済不能になった自己破産者が増加するなどの問題点がいくつも残っていました。しかし2010年に成立した総量規制などの法律改正により、高い金利での貸付けは違法となっています。キャッシングにも総量規制は適用され、消費者金融などの貸金業者からの借入れでは、年収の3分の1を超える借金は不可能になりました。連帯保証人のような存在がいても、消費者金融などからは借り入れを申し込んだ人の年収の3分の1を超える借入れはできない仕組みです。もしも消費者金融などが総量規制に違反した貸付けを行った場合は、違法のため行政処分の対象となります。しかし総量規制の対象となるのはあくまで貸金業者のみで、銀行の貸付けは総量規制の対象外なため、配偶者に十分な収入があることが確認できれば、収入のない専業主婦などもキャッシングを利用することが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です